平成14年7月31日

UJI 花散歩

 

わずかな風にも花が揺れるなかなかの風情―ホタルブクロ

 

   そろそろ入梅という頃、ホタルの飛び交う頃から咲き出すホタルブクロ。子供たちが、この花の中に捕まえたホタルを入れたとか入れなかったとか、の「蛍袋」。又、花の姿が「火垂る袋」。即ち、提灯や燈籠に似ているためとか、諸説あります。別名、提灯花・あめふり花・釣鐘草。
 キキョウ科ホタルブクロ属の「ホタルブクロ」は、初夏の頃、昔は日本各地の山麓・高原・丘陵などで出会いましたが、最近はホタルと一緒で見かけることも少なくなりました。四〜五センチほどの筒状鐘形の花冠を下げたホタルブクロの花の色は、赤紫色から淡い茶褐色、なかには白色もあります。わずかな風にも花が揺れてなかなかの風情です。花言葉は「忠実、正義、熱心にやりとげる」です。(智泉荘周辺)










©生長の家宇治別格本山