平成14年8月9日

UJI 花散歩

 


8月9日午前7時1分 撮影

夏の宵に蝶が風に舞う―クレオメ


8月5日午後5時15分 撮影

 暑い夏の夕方、ぼんぼりを灯すように花が咲く「クレオメ」。夕方に咲き、朝方にはしぼむ夜開性の一日花です。涼しさをひときわ感じさせる夏の宵だけの花です。長い柄のある花に雄蘂が長く突き出て総状に咲く姿は、蝶が風に舞う姿を連想させます。和名は風蝶草(フウチョウソウ)、中国名は酔蝶花(スイチョウカ)、というともにロマンチィックな名。よく時代劇で見かける花魁(おいらん)の髪に放射線状に挿されたたくさんのかんざしも連想させます。英名は cleome のほかにspider flower とも。長く伸びた雄蘂をクモに見立てたもののようです。花色は、紫紅、濃桃、淡桃、白などがあります。熱帯アメリカ原産ですが、日本には明治の初めに渡来し、一風かわった花の形が珍重されました。花言葉は「あなたの容姿に酔う」。(智泉荘周辺)










©生長の家宇治別格本山