平成14年12月3

UJI 花散歩 九拾七



寒さに耐えながら咲く花!?―ウインターコスモス

  ウインターコスモスは、北アメリカ(フロリダ州、テキサス州、カリフォルニア州)からグアテマラにかけてが原産のキク科ビデンス属の宿根草です。ビデンスは、ラテン語のbis(2)とdens(歯)に由来し、果実に歯状の2本のトゲがあることによります。和名をキクザキセンダングサといいます。日本では、10年くらい前から出回って目につくようになりました。花が少ない時期に咲く花ですから目立ちます。“寒さに耐えながら咲く花”で“けなげ”で“可憐”などと思われ勝ちですが、どうしてどうして丈夫な植物です。“寒さに耐えながら咲く”のではなく“寒さに喜んで咲く”のかも知れません。コスモスは、花の形が桜に似ているので、日本では「秋桜」と表現されますが、ウインターコスモスは、「冬桜」と表現してよいのでしょうか? そう言ってしまうと「四季桜」(「花散歩 八拾参」参照)になってしまいます。ウインターコスモスの花の形は、苺の花に似ていて、苺よりも大きくてコスモスよりも小さい花と思うのですが……。(智泉荘周辺)













©生長の家宇治別格本山