平成14年12月20

UJI 花散歩 壱百拾四



縁起が良く抜群の生命力―クロガネモチ

  
 11月頃から3月頃まで、クロガネモチ(黒鉄黐)の赤い実が目立ちます。ネズミモチ(鼠黐)【「花散歩 九拾参」参照】が目立たぬ黒紫の実をつけるのと対照的です。クロガネモチの白い小さな花は、5〜6月に咲きますが見過ごすことが多いようです。クロガネモチの木の季節は、冬といってよいのかもしれません。クロガネモチは、モチノキ科モチノキ属で高さ10mくらいになり、実は小型球形で10月から12月にかけて紅熟します。昔からクロガネモチは、「お金持ち」「田もち」「子もち」など縁起の良い木とされています。抜群の生命力のある木です。材は器具、細工物などに利用。樹皮から鳥もちを取ります。(智泉荘正門周辺)













©生長の家宇治別格本山