平成14年12月28

UJI 花散歩 壱百弐拾弐



希少価値―シロナンテン

  
 ナンテン(南天)には、赤い実のなるものと白い実のなるもの、そして藤色の実のなるものがあります。ナンテンは、中国原産で中国及び日本の南部に自生し、観賞用に古くから知られています。ナンテンには、非常にたくさんの品種があることに驚かされます。果実の色により、赤色は「ナンテン」(「UJI花散歩 壱百四」参照)、白色は「シロナンテン」、藤色は「フジナンテン」と呼ばれています。その他に、葉の形や斑(ふ)の入り方、色などに応じて何十種類もの品種があります。白い実のシロナンテン(白南天)は、栽培が比較的難しく、果実も少ない等の稀少価値があります。(智泉荘周辺)













©生長の家宇治別格本山