「宇治の四季」

平成15年3月27

UJI 花散歩  壱百七拾四

菊更紗という綺麗な名―ツバキ \

(4月1日撮影)

「菊更紗(きくさらさ)」という名のツバキ(椿)です。綺麗な名前です。ツバキの中で花期が長い上に花つきがよく、栽培もたやすくて、江戸時代から庭木として愛好されています。『百花椿名よせ色付』や『椿花集』にも記載されているツバキです。淡桃色地に紫紅色の縦絞りや小絞りが入るものですが、枝変りには白や紅の単色花もあるそうです。中輪ですが、育て方によっては大輪になることもあるそうです。(智泉荘周辺)

(3月26日撮影)
(3月22日撮影)
(3月20日撮影)
(蕾)

※旧城下町として発展したところが盛ん―ツバキ「UJI花散歩 壱百参拾四
※春の木と書いて読む字は日本の国字―ツバキU「UJI花散歩 壱百四拾四
※一重咲きの京ツバキ・初雁―ツバキ V「UJI花散歩 壱百四拾七
※古い椿の白角倉―ツバキW「UJI花散歩 壱百四拾九
※春を待ち望む時期に春を告げる―ツバキ X「UJI花散歩 壱百五拾
※古くから茶花として愛好された―ツバキ Y 「UJI花散歩 壱百五拾五
※椿尽しに秋の山?!―ツバキ Z 「UJI花散歩 壱百五拾九
※藪椿に始まり藪椿に終わる―ツバキ [「UJI花散歩 壱百六拾参
※菊更紗という綺麗な名―ツバキ \「UJI花散歩 壱百七拾四
※春は曙―ツバキ ]「UJI花散歩 壱百八拾七
※紅白一対の名木―ツバキ ]T「UJI花散歩 壱百九拾壱
※いにしえよりいのち受け継ぎ―ツバキ ]U「UJI花散歩 弐百
※お止めの椿―ツバキ ]V「UJI花散歩 弐百参
※見納めの椿たち―ツバキ ]W「UJI花散歩 弐百壱拾六
※椿油―ツバキ ]X「UJI花散歩 弐百八拾壱













©生長の家宇治別格本山