平成15年4月2

UJI 花散歩  壱百八拾

ひとひらの雪―スノーフレーク


  スノーフレークは、原産地が中部ヨーロッパ・地中海沿岸のヒガンバナ科レウコジェム属の植物です。花の形がスズランに、葉の形がスイセンに似ているところから、和名をスズランスイセン(鈴蘭水仙)と呼ばれている清楚で可憐な花です。スズランスイセンの名もさることながら、その姿は人の心まで穏やかにしてくれるように思いませんか? スノーフレークは、英名のSnowflakeのカナ表記で「雪のひとひら」の意味です。花冠の白さが雪を暗示するのでしょうか。属名のレウコジェムは、ギリシャ語の「白いスミレ」に由来し、白い花とスミレのような芳香に因んでいます。丈夫でよくふえるので庭に群生させておくとなかなか豪華な眺めになります。花冠の先端の緑色の斑点がチャームポイントで目立つ花です。花言葉は「純潔」「無垢な心」です。(智泉荘周辺)













©生長の家宇治別格本山