平成15年4月26

UJI 花散歩  弐百七

春の星の花―ハナニラ

 ハナニラ(花韮)は、南アメリカ、ペルー、アルゼンチン原産です。日本には明治の中頃に渡来しました。春先に星形の六花弁で薄い水色の花をつけることから、英語では、spring starflower と呼ばれています。日本では、葉が野菜のニラに似ており、全体にニラに似た香りがあります。そのことからハナニラの名前がつきました。花がアマナ(甘菜)に似ているのでセイヨウアマナ(西洋甘菜)とも呼ばれています。白と淡紫色の花があります。繁殖力が旺盛で野生化しているものもあります。ハナニラはニラではありません。花言葉は「星への願い」です。(智泉荘周辺)













©生長の家宇治別格本山