平成15年5月25日

UJI 花散歩 弐百四拾八

秘密は美しい花―サツキ

  サツキ(皐)とツツジ(躑躅)は見分け方が難しいと言われていますが、サツキはツツジより遅れて咲き、やや花が小型であり、蝋細工のような光沢を持つと言われています。サツキツツジが正式な名称ですが、旧暦の5月に咲くためにサツキと呼ばれています。江戸時代には、庶民より武家世界に人気があったサツキ、その秘密は「美しい花」の一語につきるようです。正月前に愛情込めてトビ枝の剪定をし、こんなに素晴しく咲いたのでうれしくなってシッターを押しました。花言葉は「節制」です。(宝蔵神社神橋周辺)













©生長の家宇治別格本山