平成15年5月30日


UJI 花散歩 弐百五拾四

結婚式のブーケにも使われる―カイウ

  カイウ(海芋)は、名前からも想像できるように里芋の仲間です。白い花のように見えるのは、実は苞(ほう)であり、その中の棒状のものが花(多数の小花の集まり)です。カイウはカラーと言った方が一般的かも知れません。カラーという名前は「美」という意味のギリシャ語の「kallos」に由来するそうです。また和名では「カイウ(海芋)」と呼ばれていますが、カイウという名前は、本来ミズバショウを指していました。江戸時代末期に日本に導入された時に、カラーにカイウという名前が適用されました。カラーのブーケで結婚式をする人も多いですね。花言葉は「乙女のしとやかさ」「乙女のきよらかさ」「清浄」です。(智泉荘周辺)













©生長の家宇治別格本山