平成15年6月29日

UJI 花散歩 弐百八拾九

ユリにもスイセンにも似ている―ユリズイセン

 ユリズイセン(百合水仙)は、南アメリカ原産でチリやブラジルを中心に原種が存在します。園芸種のアルストロメリアの名は、スエーデンの植物学者・リンネの友人のアルストメーア男爵が名前の由来とされています。英名では「インカのユリ」や「ペルーのユリ」と呼ばれていますが、和名のリズイセンは、スイセン(水仙)などの属するヒガンバナ科にしてみたり、ユリ(百合)の独立亜科とされたり、ユリにもスイセンにも似ているからのようです。日本には、昭和初期に渡来しました。花言葉は「幸福な日々」です。(智泉荘周辺)













©生長の家宇治別格本山