平成19年2月23日

UJI 花散歩 参百九拾四



水辺の仙人  − スイセンX




末一稲荷神社前にある梅林の入り口で、
小さな花が咲いていました。







早春の花 スイセンです。


スイセンという名前は、
中国の呼び名「水仙」を音読みしたもの。

「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」

という中国の古典が由来だそうです。

水辺で咲く姿を、仙人にたとえたのでしょう。

すっとして清らかなその姿が、
目に浮かぶような句を見つけました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水仙や 白き障子の とも映り   松尾芭蕉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




小さな花に顏を近づけてみると、
甘い甘い香りがしました。

宇治別格本山に咲く、なんとも可愛らしい小粒な仙人でした。







※春にさきがけて清楚で香しい花―スイセン   「UJI花散歩 壱百弐拾九
※シャネル5番はスイセンの香り―スイセンU   「UJI花散歩 壱百六拾五
※桃より白し水仙花―スイセンV    「UJI花散歩 壱百六拾六
※呪い―スイセンW   「UJI花散歩 壱百七拾七










©生長の家宇治別格本山