平成19年3月14日

UJI 花散歩 参百九拾七



北はあっち!  − ハクモクレンU




こういうのを、花冷えというのでしょうか?
ここ2、3日、寒い日が続いている 宇治別格本山です。

さて、そんな中、
いつ開くかな、いつ開くかなと待っていた
ハクモクレンの蕾が、とうとう開きました。



小茶畑の脇にある


二本のハクモクレンの木



まだまだかたい蕾もありますが・・・



ふっくらと開いたものも。





こちらは、あともう少し。

おもしろいことに、 ハクモクレンの花びらは、
太陽の光を受けて南側がふくらむため、
花先が北側を指すのだそうです。

そう思って注意して見てみると・・・

たしかに!その通りでした。



この写真では、花先はみな右を向いていますが、
この方角は、宇治川方面。
本山から見ると、北の方角です。

皆様の近所のハクモクレンをみかけたら、
ぜひ確認してみてください。


さて、きつくなった冬の洋服を脱いで、
うーんと体を伸ばすように、
ふかふかの冬芽から、
花びらを伸ばしたハクモクレン。

この花の後には、
いよいよ、桜がやって来ます。




※品格のある高貴な花―ハクモクレン 「UJI 花散歩  壱百七拾参










©生長の家宇治別格本山