1773心身症で練成会へ 感謝することで全てが良くなる

7月一般

   今回参加させて頂く事になったきっかけが、私が「心身症」という心の病気と診断され、
心療内科に通うくらいならと、宇治のゲスト講師でもあり、私が働いている
エステ会社の顧問をして頂いている河村社長にご提案して頂き、10日間練成に参加させて頂きました。

10日間受けさせて頂く中で沢山の気付きや学びがあり、不思議な体験もさせて頂きました。
まず、両親への感謝行の時に、沢山涙が溢れてきて止まりませんでした。
心身症になった原因は自分の中では、仕事で責任者をさせて頂いて不安な気持ちや
プレッシャーの積み重ねかなとしか思っていなかったのですが、
自分が体調を崩していることで両親にまた凄く心配をかけさせてしまって申し訳ない、
また自分を心配する事で両親が体調を崩したりしないかという不安な気持ちも
原因の一つだったんだと気付かされました。

もう一つは浄心行の時、5年程前にも短期の練成会に参加させて頂いた時に
父方のおばあちゃんの事を書いた事を思い出しました。
私は勝手に、私よりお兄ちゃんの方が好きなんだと思っていて、
おばあちゃんに対して苦手意識を持っていたのですが、
二年前おばあちゃんが天国に逝ってしまった時、
親戚の方から「最後まであなたの事心配しよったでよ。」という言葉を聞いて、
その時初めてそんなに思ってくれていたんだという事に気付き、
気付けなくてごめんなさいという気持ちと、感謝の気持ちで一杯になり、
今回ちゃんと先祖供養が出来て本当に良かったです。

その次の日の朝聖経をあげていた時、急に息苦しくなり声が出ず、
背中が熱くバクバクする現象が起きたのですが、
講師の方々から「それは良くなる前に起きる現象」、
「御先祖様が喜んで下さっているんだよ」という言葉が聞けて安心しました。
一番悩んでいた髪の毛が抜けていた事に対する考え方も変わって
気にならなくなれた事にも驚いています。
本当に心って大事なんだなという事と、両親、御先祖様に対してはもちろん、
すべての事に感謝する事で全て良くなるというのを身をもって感じさせて頂きました。
これからも常に感謝の気持ちを忘れず、与えて与えての人生にしていきます。
今回参加させて頂き本当にありがとうございまいした。


宇治練成体験談 トップ


©生長の家宇治別格本山