『 宇治だより 』  宇治を愛する人  

- 34-

『宇治だより』 第36  平成2年5月1日 

  魂のやすらぎと導きを感じて
   埼玉教区教化部長(当時) 深田 保


------------------------------------------------------------------------
魂のふるさと宇治--何とも快い響きである。
此の地に宝蔵神社が建立されてから三十年の年月が流れた。

昭和三十五年八月の落慶大祭から、私は殆ど毎年、
この宇治の地に来ているが、今はしっとりと落着いた雰囲気の中に、
私達信徒のお祀りする「みたま」様が、
生長の家大神様を中心とする本尊曼陀羅に導かれ護られて、
安らかなときを送っておられると思うと、
限りないなつかしさと安堵感をおぼえるが、
当時は、毎年が変化の連続であった。

信徒の奉納する燈龍が年毎に増え、
玉垣がめぐらされ、手水舎が出来、参道が整備され、
宝蔵神社及大拝殿は年毎に荘重さを増してゆくのに私は感動した。
その感動の中で、私は次の様な体験を通して、
「みたま」の喜びとお導きを感じたのである。

一つは、年代は失念したが、
その当時東京都相愛会連合会の副会長を務めておられた、
伊嶋四耕講師が、招霊祭員として奉仕されたときの事であった。
伊嶋講師は、自宅を出発するとき、
近所の信徒の方から霊牌を出すのがおくれたので是非届けてほしいと頼まれ、
宇治に到着したとき直ちに受付に霊牌を差し出した。

その翌日が招霊祭である。
伊嶋講師は導かれるままに所定の席について、
招霊が始まり、しばらくすると愕然とした。
なんと前日自分が受付にお願いした霊牌が、
自分の手許にあるではないか。
伊嶋講師はこの時、“霊牌は生きている”と感じた。

第一回の盂蘭盆供養大祭は、昭和三十一年で、
その時の霊牌奉安は二五一、四一九柱と記録にあるから、
伊嶋講師はがその体験をされたときの霊牌奉安は
百萬柱を超えていたと思われる。その多数の中から、
しかも自分が前日に受付に出したばかりの霊牌が自分の手許にある。

 昭和四十八年第十三回宇治宝蔵神社秋季大祭、
大聖師谷口雅春先生より御指導承る『詳密講習会』
の時だと記憶しております。

その頃、総裁谷口清超先生が、
高知県宿毛の福井冴子さんのことを講習会でお話され、
神誌にもお書き下さっていました。

福井さんは毎月の様に宇治の練成会に何人かを
お連れしていつも素晴らしい体験発表をしておられた方です。

その日、精霊招魂神社の前でパッタリとお会いしたのです。
初対面なのに旧友のように話がはずみました。福井さんが云われました。

「宇治に来る度に魂が目覚めてくる。いのちが湧いてくる。
今も招魂神社で拝んでいると私を追い立てるように、
ポンポンと音を立てて“ドングリ”が私の肩に落ちてきた。
その“ドングリ”を大事に拾って日本国の為に力を貸して下さいと、
英霊に祈ったところです。」と身体をふるわせて話されました。

奇くも私も“ドングリ”を手にしていました。
そして次の歌を思い出していました。(間違っているかも知れません)

 山の中からころげ出て
 人に踏まれた樫の実は
 椎を見上げてこう云った
 今に見ていろ僕だって
 見上げる程の大本に
 なってみせずにおくものか
 何百年か経った後
 山のふもとの大木は
 あの椎の木か樫の木か

二人は樫の実を手に、色んな話をしながら意気投合しました。
その夜、宿毛のみなさんと御一緒に「神想観」をさせて頂きました。
昨日の様に思い出されてきます。

神様の大いなるお計らいで私はその翌年に白鳩会連合会長を拝命し、
福井さんも程なく白鳩会福連合会長となられました。

宇治は魂を清め高めてくれる聖地であり、
無限力を引き出して下さる場でございます。

宇治で結ばれた二人は、白鳩会組織活動に全力を出すことを誓い合いました。

講習会が年々全国的に盛大となり、
大阪教区白鳩会も宇治でお世話になることが多くなってまいりました。

毎年講習会大成功の写経を私も書かせて頂いておりますが、
霊界からの御守護と御先祖のご加護がひしひしと感じられます。
霊界より護念して頂き、
光明化のために生命を出し切りたいと思っています。 

合掌

 

 

 

 

 


©生長の家宇治別格本山