精霊招魂神社  精霊を招魂し聖経読誦の供養を行う神社
 

  精霊招魂神社(せいれいしょうこんじんじゃ)は、

国内外を問わず大東亜戦争で亡くなった一切の御魂(みたま)をお祀りしています。  


  国のため、同胞のため、尊い生命を捧げられた人々のご冥福を心から祈り、

毎日聖経読誦が続けられています。


   生長の家創始者の谷口雅春先生は、

過ぐる大東亜戦争に国を護る楯(みたて)となり、国を支える柱となり、

忠誠義烈(ちゅうせいぎれつ)、尚霊界に逝きてのちも国を護る精神を捨てることなく、

靖国(やすくに)の天使(てんのつかい)と称(たた)うべき精霊(せいれい)を招魂(しょう

こん)し、聖経読誦の供養を行う神社を建立したい、との意向を示され、

精霊招魂神社が建立されました。


   昭和38年10月21日、

谷口雅春先生・谷口輝子先生の世界巡錫帰朝を記念して開催された

「宝蔵神社秋季大祭」並びに「詳密講習会」の参加者約5,000名が参列して、

「精霊招魂神社落慶祭」が盛大に執り行われ、

その年より毎年、大祭(おおみまつり)を執り行い、

聖経を読誦し、真理の言葉を献げ、供養を行っております。


《 精霊招魂神社の祭典 》

◆精霊招魂神社大祭  毎年8月19日
◆月次祭 毎月19日




8月19日の精霊招魂神社大祭の様子

毎月19日の精霊招魂神社月次祭の様子

   



宝蔵神社 宝蔵神社大拝殿 神癒の社入龍宮幽斎殿 全国流産児無縁霊供養塔 参道
末一稲荷神社 精霊招魂神社 新練成道場  自然災害物故者慰霊塔 宇治の地について


〈 境内案内トップ 〉


©生長の家宇治別格本山

(宗)生長の家宇治別格本山 
〒611-0021 京都府宇治市宇治塔の川32
TEL:0774(21)2151  FAX:0774(21)2216