写 経

 

 



 

   

                          写経はどうして功徳があるか 

   写経というのは、生長の家の 『甘露の法雨』 というお経があるのですが、静かに心を整えて毛筆で写すのであります。 そのお経には、何が書いてあるかというと、簡略して言うならば、“人間は本来、神の子で あり、無限の力が宿っているのである。肉体は単なる仮相であって、その肉体の奥に、物質 の奧に、 霊妙きわまりなき神の生命なるものが宿っておって、それは無限の力である” と いうことが書かれてあるわけです。 (中略) “人間は神の子であり、自分の内に無限の力があるのである” という意味のことが説かれて ある経文を書写すのですから、それを書写しているうちに心が落着いてくる。 人間は心が落着けば、自己の内に宿っている “神の力” が出てくるということになるわけです。 (中略) じーっと心が落着いて、吾々の心の潜在意識の深い深い層 ―― 深層へ入って往くと、そこは 大生命の潜在意識 ―― 即ち宇宙大生命の知恵 ―― に通じているわけですから、そこから不思 議な知恵が湧き出てくるのです。いろんな発明が生み出されて来るのも、或は深い哲学的な 論理が発見されるのも、或は湯川秀樹教授が中間子理論を思いついたというのも、その心の 深層に通ずる神の知恵が動き出して来たのですね。湯川博士はなんでも夕食後、縁側に出て 椅子にノンビリとして、心が本当に落着いておられた時にフッと思い浮かんだのが中間子理論だということを聞きましたが、誰でも、そういうように、心が深く落着いて来た時に、吾々の潜在意識の深い層は神様の知恵と通じているから、その無限の知恵が顕て来るというこ とになるのであります。 (中略) 一字一字、感謝の念に心を集中しながら余念なく真理の言葉を写しながら、その深いところへ 這入って往くと、“人間・神の子、本来無限力” という文字と自分のいのちとが一体になり、 人間無限力の意味が潜在意識の底の底まで自覚されるから、すべてがよくなるということに なるわけであります。
                                               ( 谷口雅春先生著 『 光の泉 』 昭和47年10月号より ) 



写経のこころ


 写経の始まりは『インドの文字で書かれた経典が中国へ渡って、漢文に翻訳せられ、

現在のような 印刷技術がない時代だったので、すべて人の手で写経されたのであった

が、仏教が中国から日本へ 渡来すると、日本でも写経が盛んになり、やがてこの印刷

の代りにしていた写経の方法が「祈りのか たち」として写経祈願とされたのは、平安朝

のはじめ弘法大師によるそうである。弘仁九年の春、天下に悪病が大流行した。千百

五十年も昔のことだから、防疫の方法もなく見る 見る日本中に広がり、死屍累々という

悲惨な状態であったので、時の帝、嵯峨天皇は弘法大師を召して、悪病退散の方法

を御下問になった。大師は、「陛下御みずから般若心経を御浄写なされ、私は陛下の

驥尾に伏して御祈念申し上げます」 と奉答したのであった。 嵯峨天皇は一字三礼の

まことをつくして御写経なされたところ、「未だ結願の言葉を吐かざるに蘇生の輩途に

たたずむ、夜変じて日光赫々たり」 と、その霊験の素晴らしさを般若心経秘鍵の奥書

きに書かれている。この嵯峨天皇御宸筆の般若心経は、現在も大覚寺に祀られている

。心を込めて一字ずつ三礼しながら御書きになったというこの写経が、 恐らく日本にお

ける「写経祈願」の最初であり、その代表的なものと言うことが出来る。 写経をする時は

、先ず室内を整頓し、香をたいて端正に坐り、心を鎮めて一字一字を丁寧に書写して

行くのである。弘法大師の教えによると、一字一字がそのままに三摩耶まんだらであっ

て、 仏様のお姿と変わりが ないのである。すなわち、仏を一体、一体と刻んでゆく気

持で写経することが大切である。静かに、 浄らかな気持で仏様を創りあげて供養して

ゆくのだから、明るく、おだやかな、無心の心になること が出来るのである。』

                                                                  ( 『 人生と光の影 』 谷口輝子先生の御文章より抜粋 )

 



写経TOPへ戻る▲

   

      

 



写経TOPへ戻る▲


奉納写経の流れ (個人扱のみ)

※ 教区扱 (白封筒) は各教化部にお申込みください。




1. 写経用紙申込み

個人扱(茶封筒)の写経用紙は奉納金と引き換えになります。

窓 口
郵 送 


宇 治 別 格 本 山

・  幽斎殿
・  大拝殿お受所
・  練成受付



現金書留 または 郵便為替

写経用紙申込書とともに

お申込みください。

※申込書がない方は下記の「申込方法」でダウンロードできます。



2. 写経・実修


幽 斎 殿 写 経 室
在  宅  写  経

聖経、筆または筆ペン

*幽斎殿内のみ貸し出し可能


(毎日午前9時~午後4時30分)

余念なく真理の言葉を写してください。

イス席の写経室も多数ございます。
★ 「在宅写経」 とはご自宅で写経することです。

感謝の気持ちを込めて謹書してください。

宇治別格本山にて写経のための参籠  ( 一泊3食4,000円以上 )  も可能です。

前日までに宇治別格本山 管理部 ( 0774-21-2151 ) までご連絡をお願いします。



* 写経用紙に期限はございません。


3. 奉 納 写 経

黄色の用紙「奉納写経(送り状)」に必要事項を記入して同封してください。

窓  口
郵  送 

宇 治 別 格 本 山


・ 幽斎殿
・ 大拝殿お受所
・ 練成受付
にご提出ください。

宇 治 別 格 本 山  写 経 課

までご郵送ください。

※封筒に切手を貼ってお送りください。





4. 写 経 奉 安

 

奉納写経が届きましたら、受納書(ハガキ)をお送りします。


毎日「写経祝福祈念」実修ののち、毎年12月上旬に「写経奉安式」を執り行い、

写経奉安礼拝殿にて10年間奉安し、毎日聖経読誦を行います。




写経TOPへ戻る▲



写経用紙申込方法(個人扱のみ)





窓 口

幽斎殿1階受付


大拝殿1階お受け所

新練成道場練成1階受付

 


郵 送

写経用紙申込書に必要事項を記入して奉納金とともに 現金書留 か 郵便為替 で

宇治別格本山 写経課までお送りください。

 

写経申込書ダウンロード


(クリックするとダウンロード画面に変わります)
写経申込記入例

( クリックしてご覧ください )

 

 

※ お手元に写経用紙申込書がなければ、メモ用紙でかまいません。

氏名(ふりがな) ・ 郵便番号 ・ 住所 ( 番地 ・ 建物名まで ) ・ 電話番号 ・ ご希望の項目と巻数を

記入して奉納金とともにお送りください。

写経用紙(個人扱)は必ず奉納金と引き換えです。

申込書と奉納金確認後、すぐ発送致します。



各都道府県の教化部または各組織 ( 生長の家相愛会 ・ 白鳩会 ・ 青年会 ) でも写経用紙 ( 教区扱 )

をお申込み頂けます。  詳しくは、お近くの教化部へお問い合せください。

 

 


生長の家 宇治別格本山 祈願部 写経課

〒611-0021  京都府宇治市宇治塔の川32

℡ : 0774-21-2305(直通)

fax : 0774-21-2167(直通)




写経供養特別申込券について

 

 


どこでもらえるの?

大拝殿1階お受所にてご供養料の撤下品としてお渡ししております。

※写経供養特別申込券は購入できません。

写経用紙は、個人扱(茶封筒)のみとなります。

 




使 用 方 法


券1枚で一項目1巻か人間の項目1巻と交換できます。

また、巻5枚で全項目1巻と交換できます。

※ 券と現金を合わせての交換は出来ませんので御了承ください。


例 : 券 3 枚と現金 2,000円で合計 5,000円としての全項目 1 巻の交換は出来ません。



写経用紙を写経供養特別申込券でお申込みの場合は、写経用紙申込書にご希望の項目を記載して
写経供養特別申込券とともにお申込み頂きますよう、宜しくお願いします。













写経の書き方 ( 個人扱 ・ 教区扱共通 )



写経の心得

                     ・ 写経はその時の心が最も大切ですから、心を浄め室内を整えてから始めてください。

                     ・ 奉納されます写経は10年間奉安されますので、毛筆にて謹書してください。

                     ・ 文字の上手、下手は問題ではありません。感謝の心で謹書してください。
 



写経用紙とは?





① マス目のついた下敷きに文字入りの用紙を一枚重ねて書いていきます。


② 1枚目の用紙の最後の行まで書き終えましたら、2枚目、3枚目と書き進めていきます。

祈願事項

ご自由に具体的においくつでもお書きください。

例 →
   


   「 神・自然・人間の大調和する世界平和の実現 」

   「 生長の家人類光明化運動大発展、○○教区講習会大盛会 」

   「 先祖への報恩感謝の御供養 」

   「 家族、親族、縁族、自己の実相顕現、天分使命を通して一人でも

   多くの人々のお役に立てますように、その他個人の諸々の祈願成就 」

   「 健康祈願 」 「 良縁成就 」


 個人的な祈願もお書き頂けます。


 

本文

【 ご注意 】

■ フリガナは写経しないでください。

■ 点 「、」   まる 「。」   かぎ 「『」 「』」  は、それぞれ一枡(ます)に書き入れてください。

■ 書き損じた場合は、×や斜線で消さずに、そのままでその文字の下に続けて正しく文字を書いてください。






奉納写経 (送り状)について (個人扱のみ)




奉納写経をご提出の際は、記入して同封してください。

 

 

奉納写経(送り状)

奉納写経(送り状)記入例

(クリックするとダウンロード画面に変わります)
(クリックしてご覧ください)


よくある質問


Q.写経奉安礼拝殿は、どこにあるのですか?

A.入龍宮幽斎殿正面左側にあります。八角形の建物です。


Q.教区扱と個人扱の写経用紙の違いは何ですか?

A.教区扱は白封筒、個人扱は茶封筒で色分けされています。中身は同じです。

教区扱のみ、各教化部に還付金があります。


Q.「人類無罪宣言」などの聖典や般若心経を写経してもいいですか?

A.聖典などは、ご自分でノートなどに書写してもらうのはかまいませんが、

宇治での「写経の種類」には入っていませんので、「写経の種類」に入っている

ものを写経してください。


Q.古い写経用紙(昔に購入したものなど)が出てきたのですが、写経して奉納してもいいでしょうか?

A.写経用紙に期限はございませんので、お書きください。


Q.神想観に念ずる言葉は、幽斎殿以外の神想観に念ずる言葉も写経していいですか?

A.「写経の種類」に入っているのは、『幽斎殿にての神想観に念する言葉』のみです。


Q.幽斎殿2階拝殿で写経できますか?

A.2階拝殿は神想観厳修の拝殿となっております。写経は1階に写経室をご用意しています。

正座席とイス席(多数あり)がありますので、どうぞご利用ください。

毎月(8月は大祭のため除く)18日は一般練成会で写経実修を行なっています。

練成会の行事として2階拝殿で写経実修を行ないます。

拝殿で写経をご希望の方は、是非一般練成会にご参加ください。


Q.祈願事項は、個人的な祈りも書いていいですか?

A.公的な祈り、個人的な祈りなど、おいくつでもご自由にお書きください。


Q.書き損じた場合は、どうすればいいですか?

A.書き損じた文字を消さずに下に続けて正しく文字をお書きください。

また、大幅に間違えた時は、行を変えて正しくお書きください。


Q.写経用紙が残ったらどうすればいいですか?

A.続いてお書きください。その際は、項目の途中でもご提出ください。

又、残った写経用紙を保管しておいて、次回写経用紙をお買い求め頂いたときに

その分の用紙を足してお書き頂くこともできます。



写経TOPへ戻る▲

          毎 月 1 8 日( 8月を除く )

一般練成会参加者対象の
                   写経実修が行われます。


奉納金は練成費に含まれていますので、

無料にて実修、体験いただけます。



時間は
練成プログラムで
ご確認ください



 



練成会写経実修の特権
 


     ① 幽斎殿2階拝殿で写経実修ができます。

    ※普段、幽斎殿にて写経される場合は、1 階の写経室 ( イス席多数あり ) に限ります。


    ② 時間いっぱい何巻でもお書きいただけます。

    ③ 無料で実修できます。( 練成費用に含まれてます )

    ④ 初めての方でもその場で質問できます。( 写経課職員が待機しています )





 




写経TOPへ戻る▲

宇治別格本山限定

        真理の言葉と
              宇治別格本山の名前入り
  筆 ペ ン

                                             宇 治 別 格 本 山 で し か 買 え ま せ ん 。

幽斎殿1階受付窓口または新練成道場地下1階売店にて販売しております。

郵送の場合は、代引きになります。

詳しくは、経理部 ( 0774-21-2158 )までご連絡ください。

  セーラー筆ペン(緑色)  1本 350円

筆先が少し長く、スラスラ書きやすい!

  くれ竹筆ペン(エンジ色)  1本 200円

筆先が短く、初心者の方でも書きやすい!

  * 幽斎殿1階受付窓口 ( 午前 9 時 ~ 午後 5 時 )では、
    見本を用意していますので試し書き頂けます。

写経TOPへ戻る▲

開 運 祝 福 祈 願
新 春 書 初 め


  期 間
1月1日~1月31日まで ( お持ち帰りも出来ます )
  場 所
神癒の社 入龍宮幽斎殿 1 階
  奉納金

200円以上 ( 一般用 ・ 子供用とも )

◎子供用では、低学年と高学年の手本を御用意しております。


在宅書初めの場合は 2月10日 ( 必着 ) までに
    「 祈願部写経課宛 」 にお送りください。
宇治の
書初めとは?
おみくじを受けて出た言葉を、心を込めて2枚書きます。

1枚は幽斎殿に奉納し、もう1枚は持ち帰り、この言葉を

今年の生活の目標にしてください。

幽斎殿では奉納して頂いた書初めを写経奉安礼拝殿にて

1年間奉安し、祝福祈願致します。
 

 



写経TOPへ戻る▲

教区扱の写経について
写経祈願・実修を

講 習 会 推 進
写経誌友会
教区練成会
是非お使いください。
祈願成就の声も多数頂いています。



申込み方法

各教化部にて写経用紙をお申込みください。

奉納金に関しましては、各教化部によって取り扱い方が

異なります。

詳しくは、各教化部にお問い合せください。
写経祈願・実修

神・自然・人間の大調和する国際平和信仰運動の発展を祈願。

講習会、教区練成会、写経誌友会などにお使いください。
奉納写経

書き終えられた写経は、各教化部にご提出ください。
写経奉安

各教化部から宇治別格本山に奉納写経が届きます。

届きましたら、信徒様宛に受納書(ハガキ)をお送りします。

毎日「写経祝福祈念」実修ののち、

毎年12月上旬に「写経奉安式」を執り行い、

写経奉安礼拝殿にて10年間奉安 し、

毎日聖経読誦を行います。


 




写経TOPへ戻る▲

申し込み方法


~  宇治別格本山 入龍宮幽斎殿限定  ~



( 紺・エンジ・茶の3種類ございます )



幽斎殿に五千円以上の献資をいただきますと、撤下としてお渡ししています。







写経TOPへ戻る▲


17. 写経継続で良縁成就

 『宝蔵』 第45号(H30.9.1)より 2018年9月9日更新 

  合掌

Y. M.(女性)
合掌 ありがとうございます

おかげさまで、娘の良縁成就致しましたことを、心から御礼申し上げます。

私は、娘の結婚という切なる願いがありましたので、三年半ほど前から写経を続けさせて頂いておりました。

此の度は、願ってもいない程の素晴らしい良縁に恵まれ、感謝致しております。

写経用紙「一項目」それぞれに切なる願いを書くところがあり、毎回祈願を書かせて頂いておりました。

先日、無事に産土神社で結婚式を挙げることができ、両家共に最高の喜びでした。深謝申し上げます。


16. 娘が薬剤師の国家試験に合格

 『宝蔵』 第42号(H30.6.1)より 2018年6月6日更新 

  合掌 ありがとうございます先日、娘の国家試験合格の写経をした者です。

娘が「自己採点で厳しいかも・・・」と落ち込んでいたところ、

知人の方から写経を勧められました。その方も何かあったらすぐ写経をして、

問題解決しているとのことでした。早速、娘と一緒に一巻ずつ写経を実行しました。

発表の日まで気持ちを落ち着かせて過ごすことができ、

無事に合格することもできました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

 

15. 夫の手術の大成功

 『宝蔵』 第41号(H30.5.1)より 2018年4月27日更新 

I. M.(女性)

  合掌 ありがとうございます

3月10日に写経一項目をお送りしたものです。

写経祈願のひとつ、主人の手術成功の報告を申し上げます。

主人は、腎臓がんの転移で肺の一部を切除する手術を受けました。

三月二十九日に手術は無事に終わり、三つの癌を取り除いて頂きました。

四月三日には退院させて頂き、今は散歩に出かけられるほど元気になりました。

皆様のご愛念のおかげと感謝申し上げます。ありがとうございます。

 

14. 祈願成就、奉納写経のありがたさ

 『宝蔵』 第40号(H30.4.1)より 2018年4月19日更新 

S. A.(女性)

  合掌 ありがとうございます

本日も写経を一項目お納めさせて頂きます。

先日より孫の大学合格祈願と私自身の仕事面でのミスらしき不安なことがあって

落ち込んでいましたが、今回もいつも通り心をこめて、続けて写経させて頂きました。

おかげさまで両方とも嬉しい結果になり、写経のありがたさに感謝しています。

ありがとうございます。

写経券(*1)がまだ数枚ありますので、これからも写経を奉納させて頂きます。

(*1)お受け所にてご供養料の撤下品として授与されるもの。


13. 奉納写経の素晴らしさを実感

 『宝蔵』 第38号(H30.2.1)より 2018年2月12日更新 

N. M.(女性)

 合掌 ありがとうございます

一昨年の10月下旬に写経を初めてさせて頂きました。

私は訪問介護ヘルパーとして働いています。

 あるお宅の御婦人の痴呆症が進み、私たちを盗人扱いされるようになりました。

私は生長の家の御教えに触れてまだ浅いですが、毎日必ず神想観をしてから

ヘルパーの仕事に行きます。

 続けているうちに、その方の状態はどんどんよくなってこられました。

介護事務所でその話をすると、私が訪問しているときだけとわかりました。

 私は 「相手の方を痴呆症だからと余り思い過ぎないで、

普段通りに接するようにすると、必ず好転します」

と説明しても、なかなか受け入れてもらえません。

 そんな時に 「聖経 『甘露の法雨』 の写経をしてみませんか?」

と教区の方から声をかけて頂きました。

  これこそ私の求めていた答えだ! とワクワクしました。

すこしの時間でも、毎日少しずつでしたが、写経を続けました。

写経を書き終えた翌日から、状況が変わり始めました。

ヘルパーさんたち全員がその方を温かく見始め、穏やかな空気が流れ始めたのです。

さらにその後も、宇治より奉納写経の受取りのはがきが届いてからは、

その方の状態もより一層好転して、周りの人達と仲良く調和されるようになりました。

写経の功徳の素晴らしさを体験させて頂きました。ありがとうございます。



 

12. 未破裂脳動脈瘤の大手術成功

 『宝蔵』 第36号(H29.12.1)より 2017年12月5日更新 

N. S.(女性)

  合掌 ありがとうございます

5年前、MRI検査を受けた時、未破裂脳動脈瘤が変形しているという診断でした。

1カ月がかりで様々な検査をして、手術することになりました。

 不安だった私は、宇治に写経を申し込み奉納しました。

最初に一項目、次に全項目、入院直前に「人間」の項目を写経しました。

8時間の大手術でしたが無事終わりました。

その後も毎年MRI検査をしていますが、良好とのことで安心しています。

 ひとえに宇治でお祈りして頂いているおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。

此の度は11月短期練成にも参加できて嬉しかったです。ありがとうございます。

 

11. 念願の生命学園発足、癌の再発の心配が
    なくなり、息子の仕事も繁栄

     

 『宝蔵』 第35号(H29.11.1)より 2017年11月7日更新 

K. F.(女性)
 合掌 ありがとうございます

今年8月「生命の教育学会研修会」に参加し、充実した

素晴らしい研修会と感動致しました。

その時、生命学園を県の周辺地域にもぜひ発足して、

園長になってもらいたいとの依頼がありました。

 発足は以前よりの夢でしたので、早速神癒祈願をお願いしました。

申込書には「地域の先生方も悦んで協力すると仰って下さっていますので、

近いうちに開設させて頂きたいと祈念しております。

どうぞお導きお護り下さいませ。」と書きました。

するとすぐに、数名の先生方が協力して下さることになり、

来年4月の開設を目指して、順調に進んでおります。

何年も前からの願いがやっと成就致しました。ありがとうございます。

 また写経は、全項目を2回奉納させて頂いております。

1度目は、私の身体のことを祈願事項に書きました。

一昨年、癌の術後に抗がん剤治療をしておりますので、

再発しないようにと祈念して、聖経『甘露の法雨』全項目を写経しました。

今は、順調に回復し、3カ月に1度の定期健診でも「異常なし」と

太鼓判を押して頂いております。

元気に出講も再開できるようになり、明るく楽しく活動させて頂いております。

 2度目は、昨年息子の仕事のことで、全項目を写経祈願致しました。

それ以降、息子は中小企業診断士の資格を取得し、環境関係の

仕事を立ち上げ、仕事も順調で、社員も2名増えて、

会社の経営成績も好調です。

 すべて生長の家大神様、大勢の皆様のご愛念とお祈りによって、

万事がうまくゆき、幸せな日々を送らせて頂いております。

心から感謝申し上げます。

 

10. 写経を続ける嬉しい体験
     

 『宝蔵』 第33号(H29.9.1)より 2017年9月7日更新 

    
K. Y.(女性)

合掌 ありがとうございます

毎月一回は納経させて頂くつもりで写経を続けております。

今月はお盆の供養と共に納経させて頂けますことを大変うれしく感謝申し上げます。

現象界においては私事87歳の高齢で、老化現象も色々と感じられるこの頃ですが、

お蔭様で、神想観と写経を続けさせて頂いておりますからでしょうか、

色々と嬉しい気づきがございます。


 龍宮の御掛け軸*1も風鎮が落ち着き、朝晩参拝させて頂いております。

誠にありがとうございます。


 主人が急逝いたしまして、丁度丸二年が経ちました。

深い悲しみととても不安な二年間でしたが、近頃はやっと転身できて、

生きてゆかねばと悟りました。

前向きな気持ちになれたのも、写経のおかげと感謝しています。


 今回の聖経 続々『 甘露の法雨 』 はありがたく、繰り返し、繰り返し、神意を丁寧に、

具体的に悟るように書かれてあり、写経していると自然に心身に納まります。


 写経をしていると目もはっきり見えて心も落ち着き、社会参加もさせて頂けるようになり、

家事も励んでおります。

写経を続けている私の嬉しい体験かなと思います。

ありがとうございます。



*1:幽斎殿にて献資五千円以上の授与品

 

 

09. 妊娠中の体調が安定した
     

 『宝蔵』 第32号(H29.8.1)より 2017年8月9日更新 

  
O. M.(女性)

 妊娠中の娘が 「診察に行ったら、胎盤が下がってきて、

このままでは自然分娩が無理なので帝王切開、最悪の場合には、

母体が一番なので、子供をあきらめるかですねと医師から言われた」

と伝えてきました。

 4月28日、宇治で 「白鳩会全国幹部研鑽会」 に出席した時に、

神癒祈願をお願いして帰りました。

そして地元で 「写経誌友会」 をした時に、娘の胎盤が平常位置に戻るように

祈念して写経をしました。

おかげ様で、胎盤の位置は平常に戻りました。 ありがとうございます。

 娘の出産予定日の11月1日迄、毎月写経を奉納させて頂こうと思っております。

よろしくお願いいたします。



08. 写経のおかげで家族の願いがすべて叶う
     

 『宝蔵』 第31号(H29.7.1)より 2017年7月13日更新 

F. M.(女性)

 この度、夫の仕事(就職支援)の継続を祈願して、写経を致しました。


定年退職して今まで六年間、働いた職場では継続が叶いませんでしたが、


新たに受けた職場で採用が決まり、今までと同じ就職支援の仕事ができるようになりました。


そのうえ、自宅から職場までずっと近くなり感謝です。


 夫もやりがいのある仕事を続けることができ、喜んでおります。


それから、長女は結婚五年目に子供が授かり、今年四月には二人目の男児が生まれました。


長男はよい方とご縁を頂いて結婚できました。


その時々に写経をして祈願した願いは、ことごとく叶えられ、本当にありがたいです。


これからも報恩感謝で御教えをお伝えし、他の方のためにも写経をして祈らせて頂きます。

 


07. 写経を通して高校合格祈願が成就
     

 『宝蔵』 第29号(H29.5.1)より 2017年5月13日更新 

A. M.(女性)
合掌 ありがとうございます

此の度、写経を通して高校合格祈願をして頂きました。

お蔭様で、無事に希望の県立高校へ合格させて頂きました。

本人が希望した高校は、本人のレベル以上の高校なので、家族みんな心配していました。

私は聖経『甘露の法雨』の写経を奉納しようと思い、本人も進んで祈願内容を書きました。

入試前に奉納写経に自分で祈願を書いて神様へお願いしたから、入試当日は落ち着いて臨めて、

無限力が出たと喜んでいました。お礼申し上げます。

写経の功徳の素晴らしさを実感させて頂きました。ありがとうございます。



06. 心配していた癌の転移はなかった
               
 『宝蔵』 第27号(H29.3.1)より 2017年3月12日更新

 Y. S.(女性)
 合掌 ありがとうございます

昨年8月30日は、祥月命日供養祭に参列後に無理をお願いして宿泊させて頂き、

行事にも参加させて頂きまして、誠にありがとうございました。

実は、宇治本山に伺う前に、病院にて検査結果次第では、膵臓癌の

手術をすることになっておりました。

  昨年3月の乳癌の手術でリンパ節を削除して、再発するのではと、

いつも心のどこかで不安に思っていたのです。

早朝行事に参加させて頂いた後に、「全国流産児無縁霊供養塔」と「自然災害物故者慰霊塔」にて

聖経読誦をさせて頂きました。

境内の清々しい霊気に包まれているように感じて、とてもありがたい気持ちでいっぱいになりました。

その後、「神癒の社 入龍宮幽斎殿」にて、聖経 『甘露の法雨』 の 「人間」 の項目を写経させて頂きました。

「人間」 の項目の言葉を一文字一文字、自分自身を見つめるつもりで、真心こめて書き終え、

神癒祈願の申込書に記入しようとしましたところ、自分のことは、もう神様に全托しようという気持ちになり、

友人の娘さんの病気治癒の祈願を申し込ませて頂きました。

  宇治では、職員の皆様の温かなお声がけやお話をたくさんして頂きまして、ありがとうございました。

神様からの素晴らしいお言葉だと感謝しております。

帰りまして、病院にて検査結果を伺うと 「腫瘍マーカー、骨転移ともに異常なし」 という

ありがたい結果が出ました。

  そして、此の度、高校時代の友人が卵巣癌の診断を受けましたので、

早速、聖経 『甘露の法雨』 の 「人間」 の項目を、在宅写経させて頂きました。

  彼女は卵巣の手術をしましたが、良性腫瘍だったことが判明し、

「抗癌剤も放射線の治療も必要ないという診断をもらった。」 と喜びの連絡がありました。

こうしてまた、写経の功徳の素晴らしさを実感させて頂きました。ありがとうございます。



05. 病状が全快した

『宝蔵』 第24号(H28.12.1)より 2017年2月27日更新

T. H.(女性)
 合掌 ありがとうございます

先日いつも元気なお嫁さんのお母さんが貧血で緊急入院しました。

どこから出血しているか判らず、専門の病院に救急車で運ばれ、検査をして手術になりました。

私はすぐ、宇治の写経をし、お母さんの先祖代々の霊牌を書き、毎日実相円満誦行を続けました。

二週間くらい経って、お嫁さんから電話があり、「出血も止まり、近く退院できます」とのことで、

本当に嬉しく、涙が出ました。

これは本当に、宇治へ写経と霊牌を納めたお蔭と思います。ありがとうございました。

 

04. 写経の功徳で再手術不要に

K. U〈女性〉

合掌 ありがとうございます。

写経の功徳を誌友会で講師の方から教えて頂き、早速実行致しました。

「一項目」は以前から何度かさせて頂いたのですが、今回は全項目に挑戦致しました。

「親族縁族一切の緒霊供養のための写経」が報恩感謝の御供養になり、

十年間保存奉安されるとのこと最後まで完成致しました。

父も書いています。母も書いています。夫も書いています。息子も書いています。

娘も書いています。私と一緒に書いていますと・・・

写経が嬉しくて嬉しくてありがたくてありがたくて・・・

今年二月に大腿骨の再手術をすることになっていましたが、二週間後何と!!

「手術はしなくても大丈夫です。骨は融合しています。経過観察することにしましょう」とのことでした。

目に見えない神様の世界はすばらしい。守られている。感謝感謝です。

写経の功徳です。本当に沢山の人の祈りの写経のお陰と心より感謝申し上げます。

私に出来ることはまだまだ限られていますが、このことを皆様にお伝えしたいと思います。

ありがとうございました。


03. 長女の良縁成就

K. H〈女性〉

 合掌 ありがとうございます。

写経をして支部長さんに教化部に出して頂きました。

写経の祈願のところに 「長女の良縁成就」 と書きました。

お陰様で良縁成就致しました。

 翌年にお見合い、その翌年に結婚式を挙げることが出来ました。

それから一年が過ぎました娘は夫婦仲睦まじく生活しております。

ありがとうございました。

 

02. 次女の子宝祈願成就

K. H〈女性〉

 合掌 ありがとうございます。

私は以前、次女に子宝が授かりますよう写経を奉納させて頂いた者でございます。

お陰様で先月、待望の赤ちゃんがお腹に宿っていることがわかり、

家族一同大喜びしております。

これも生長の家の大神様、並びにご祈念下さいました宇治別格本山様のお陰と、

心より感謝申し上げます。

 振り返りますと、写経をしております間は精神が集中し、心が穏やかになり、

とても充実した楽しい時間でした。

今後も報恩感謝の心を忘れることなく、自分に出来ることを精一杯

ご恩返しさせて頂きたいと存じます。

本当にありがとうございました。


01. 孫の大学合格

H. F. (女性) 


合掌 ありがとうございます

清楚な梅の花が芳香を漂わせていた早春から、鶯がさえずり、

満開の美しい桜咲く本格的な春の季節になって参りました。


お礼が遅くなりましたが、孫がめでたく希望大学の薬学部に合格致しましたこと、

心からありがたく御礼申し上げます。


本人と母親が入学試験合格祈願のために、写経全項目をそれぞれ

写経し始めておりましたが、途中で止めてしまっておりました。


その続きを曾祖母の私が感謝の気持ちを込めて完成させて頂き、

お納めさせて頂きました次第です。

親娘共に悦んでくれ、ほっと安心したようでした。


今回併願の他校も合格させて頂き、

ひとえに写経の功徳のおかげと感謝しております。


孫は中学・高校時代に登校拒否をしていましたので心配しておりました。

嬉しさもひとしおで、家族一同喜んでおります。

本当にありがたく感謝いっぱいでございます。


ありがとうございます。





入龍宮幽斎殿トップページ



©生長の家宇治別格本山